2010年7月のカメラ・フィルムオーダーランキング


毎月恒例の、トイラボへのオーダーの際に選択されたカメラとフィルムを、オーダ数の多かった順に並べました。

カメラ部門(ベスト10)

1位: HOLGA 120シリーズ(120)
2位 :Vivitar Ultra Wide&Slim(35mm)
3位:LOMO LC-A(35mm)
4位 :LOMOGRAPHY Diana Mini(35mm)
5位:PowerShovel blackbird,fly(35mm)
6位 :HOLGA 135シリーズ(35mm)
7位 :Loveトイカメラ WIDE LENS CAMERA Clover San(35mm)
8位:LOMOGRAPHY Fish Eye(35mm)
9位:学研大人の科学 Gakkenflex
10位:富士フィルムNATURA CLASSICA/NS(35mm)
次点:ZENIT HORIZON(35mm)

※HOLGA 120シリーズが僅差で3ヶ月振りの1位獲得、今回は1位~3位までは混戦でした。
圏外からの初登場はトイカメラ付雑誌のカメラ、Loveトイカメラ WIDE LENS CAMERAClover Sanです。
7月半ばから急激にオーダー数が伸びました。このWIDE LENS系のカメラはVivitarとLoveトイカメラとEXIMUS Wide&Slimそして、SuperHeadzのWideLsens Cameraの4種類がトイラボオーダー画面では選択可能です。
ちなみに、この4種を一つにまとめると、今月のランキングでは圧倒的な1位になります。
また、カメラ選択で「その他」が選べますがこれをランクに入れたら5位になります。

フィルム部門

カラーネガ現像(ベスト10)
1位 :アグファ VISTA400(35mm)
2位 :ferrania  Solaris400(35mm)
3位 :富士フィルム SUPERIA PREMIUM400(35mm)
4位 :コダック Kodak400/SUPER GOLD400(35mm)
5位 :コダック ポートラ400VC (120)
6位:富士フィルム SUPER X-TRA 400(35mm)
7位 :アグファ VISTA100(35mm)
8位:富士フィルムFUJICOLOR100(35mm)
9位 :富士フィルムNATURA1600(35mm)
10位 :ferrania Solaris200(35mm)
次点 :コダック GOLD100(35mm)

クロスプロセス現像(ベスト5)
1位 :アグファ CT PRECISA(35mm)
2位 :Lomography Lomography X-Pro Slide200(35mm)
3位 :富士フィルム TREBI 100C(35mm)
4位 :富士フィルム ASTIA 100F(35mm)
5位 :富士フィルム VELVIA50(35mm)
次点 :富士フィルム VELVIA100F(120)

モノクロ現像(ベスト5)
1位:富士フィルム NEOPAN400 PRESTO(35mm)
2位 :富士フィルム NEOPAN100 ACROS(35mm)
3位 :アグファ APX100(35mm)
4位 :コダック T-MAX400(120)
5位 :コダック TRI-X400(35mm)
次点 :富士フィルム NEOPAN SS(35mm)

リバーサル現像(ベスト5)
1位 :コダック ELITE CHROME200(35mm)
2位 :アグファ CT PRECISA(35mm)
3位 : 富士フィルム PROVIA100F(35mm)
4位 :富士フィルム Velvia100(35mm)
5位  :富士フィルム ASTIA 100F(35mm)
次点 :富士フィルム Velvia50(120)

C-41現像モノクロフィルム(※オーダーがありませんでした)

次回は9月上旬に公表します、お楽しみに。