2010年5月のカメラ・フィルムオーダーランキング


2010年5月にトイラボでオーダーの際に選択されたカメラとフィルムを、オーダ数の多かった順に並べました。

カメラ部門(ベスト10)

1位:LOMO LC-A(35mm)
2位:Vivitar Ultra Wide&Slim(35mm)
3位:PowerShovel blackbird,fly(35mm)
4位 : ホルガ120シリーズ(120)
5位 : Vivitar V3800N(35mm)
6位 : LOMOGRAPHY Diana Mini(35mm)
7位 : 学研大人の科学 Gakkenflex(35mm)
8位:LOMO LUBITELL166+ (35mm)
9位:ホルガ135シリーズ (35mm)
10位:オリンパス PENシリーズ(35mm)
次点:オリンパス OMシリーズ一眼レフ(35mm)、LOMOGRAPHY Diana+/Diana F(120)

※先月2位のLOMO LC-Aが1位獲得、先月1位のホルガ120シリーズは4位になりフィルムサイズは120のみでした。
先月3位のHORIZON(35mmフルパノラマ)は圏外の17位、Gakkenflexは先月と変わらず安定した人気があります、3位のblackbird,flyは、オーダーの全てがパーフォレーションを選択、8位のLOMO LUBITELL166+は35mmフィルムでのポートレイトパノラマのみのオーダーで、120フィルムの選択はありませんでした。
また、カメラ選択で「その他」が選べますがこれをランクに入れたら5位になります。

フィルム部門

カラーネガ現像(ベスト10)
1位:アグファ VISTA400(35mm)
2位 : ferrania  Solaris400(35mm)
3位:コダック ポートラ400VC (120)
4位:コダック Kodak400/SUPER GOLD400(35mm)
5位:コダック GOLD100(35mm)
6位:DNPフォトルシオ CENTURIA400(35mm)
7位:ferrania Solaris200(35mm)
8位:富士フィルム SUPER X-TRA 400(35mm)
9位:Lomography Color Negative100(35mm)
10位:富士フィルム SUPERIA PREMIUM400(35mm)
次点:アグファ 110フィルム(110)、ferrania  Solaris800(35mm)

クロスプロセス現像(ベスト5)
1位:アグファ CT PRECISA(35mm)
2位:富士フィルム PROVIA 400X(35mm)
3位:富士フィルム TREBI 100C(35mm)
4位:コダック ELITE CHROME 200(35mm)
5位:富士フィルム VELVIA100(35mm)
次点:コダック E200(35mm)、Lomography Lomography X-Pro Slide200(120)

モノクロ現像(ベスト5)
1位:コダック T-MAX400(120)
2位:富士フィルム NEOPAN400 PRESTO(35mm)
3位:富士フィルム NEOPAN400 PRESTO(120)
4位:コダック T-MAX400(35mm)
5位:アグファ APX400(35mm)
次点:コダック TRI-X400(35mm)

リバーサル現像(ベスト5)
1位:富士フィルム TREBI 100C(35mm)
2位:アグファ CT PRECISA(35mm)
3位 : 富士フィルム Velvia100F(35mm)
4位:富士フィルム Velvia100(120)
5位:富士フィルム PROVIA400X(35mm)
次点:コダック E100G(120)

C-41現像モノクロフィルム(※オーダーがありませんでした)

 次回は7月上旬に公表します、お楽しみに。