ハーフサイズカメラで撮影したフィルムの現像•スキャニング


 いつもトイラボをご利用頂き、誠にありがとうございます。本日は、今もって人気の高いハーフサイズカメラで撮影されたフィルムのスキャニングにつきまして、あらためてご紹介したいと思います。

ハーフサイズカメラは35mmフィルムのフルサイズの半分を使って1コマを撮影するカメラで1980年代までかなりの機種が発売され、オリンパスPEN等人気シリーズ等もありました。最近もLC-WideやゴールデンハーフやHOLGA TIMなど、ハーフサイズで撮影出来るフィルムカメラは発売されています。

トイラボでは、ハーフサイズもフルサイズ同様に「1コマ1画像」にて、フィルムからダイレクトにスキャニングしています。

オーダーの際に「1画像1コマでのスキャニングは可能でしょうか?」と問い合わせを頂きますが、意外な程「1画像1コマ」を対応しているお店が少ないようです。

トイラボで従来行っております1コマ1画像のスキャニングは下記の通りです。

ただ、このところ「2画像1コマ」でのスキャニングのご要望も頂くようになりました。
「2コマ1画像」でスキャニング致しますと下記のようになります。


※使用カメラ:京セラSAMURAI X3.0

トイラボではお客様のご要望に応じまして「1コマ1画像」、「2コマ1画像」のいずれのスキャニングにも対応します。

ハーフの現像・スキャニングの料金は下記の通りです(フィルム1本あたり)。

スキャニング解像度 カラーネガ現像(525円) モノクロ現(588円) クロスプロセス現像(714円) リバーサル現像(735円)
ネットサイズ(0円) 525円 588円 714円 735円
4BASE(588円) 1,113円 1,176円 1,302円 1,323円
16BASE(1,155円) 1,680円 1,743円 1,869円 1,890円
TIFF (1,722円) 2,247円 2,310円 2,436円 2,457円

あらゆる現像種別に対応します。

ハーフサイズカメラで撮影されたフィルムもぜひトイラボをご利用ください。

カテゴリー: サポート情報, 新着情報 タグ: , , , パーマリンク