雨樹一期のトイカメラの教科書 第36回「レッドスケールフィルムの制作方法」


こんにちばんは、雨樹一期です。すっかり冬ですね。撮影で外出どころか、布団から出ることすら億劫な季節です。なんだか少し前の連載でも「寒いの嫌だ」って言っていた気がします。時間経つのが早過ぎて、一年前くらいはもう最近の感覚なんですかね。
さて、今回は自作フィルムについて書きます。自作といっても、当然から作るわけじゃないです。これまでの連載でも何度か紹介しましたが、かつてロモグラフィーで販売されていた、「Red Scale」を自作します。
001002
003004
005006

007
008009

このように特殊な発色をするのですが、フィルムに特別な着色などの加工はされていません。実はフィルムの裏表が逆になっているだけです。通常は表に光が当たり、像が出来るのに対して、レッドスケールは裏に光が当たることになります。
フィルムの構造のメカニズムは詳しくは分からないですけど、いくつかの層があって、裏側には光を吸収する層があるので、マゼンダになる層までしか光が届かない、みたいなことなのかなぁと。カメラで日付を入れると、赤色に印字されますが、それは裏側から光を当てているんですね、たぶん。かなり曖昧ですいません。
とにかく、このフィルムで撮るとオレンジ〜赤色の発色をします。明るく撮るとオレンジに、暗く撮ると真っ赤になります。

■明るく撮影
010011
012013
014

■暗く撮影
015016
017018
019

使用頻度は多くはありませんが、ノスタルジーな雰囲気がたまりません。レトロな商店街や色の少ない日(天気の悪い時や冬場など)に使うといいですね!
僕の中ではスーパーサブみたいな扱い。絶対使うとは限らないけど、いないと困るフィルムです。
さて、それでは自作してみましょう。
用意するのは、フィルム2本と、セロハンテープ、ハサミ、暗袋(なくても制作可)。
020

フィルムの1本はレッドスケールの元になるネガフィルムと、もう1本はいらないフィルムです。
タンスの奥に期限の切れたフィルムなどがあればいいのですが、もしなければ諦めてお持ちのフィルムをお使い下さい。
順を追って説明しますが、そのフィルムは全部引っ張り出します。当然、光に当たるのでもう使えません。
でも、毎回2本必要というわけではなく、初めて作る時に必要なだけです。今後また作ることも考えると、1本くらい諦めちゃって下さい。

1.期限切れのフィルムを全て引っ張りだし、3cmほど残してハサミでカットする。
021

2.元になるフィルムのベロ部分をカットする。
023

3.カットした部分同士をセロハンテープでしっかりと引っ付ける(写真は分かりやすいようにマスキングテープで接着)
この時注意するのは、裏表が逆になるように、フィルムの色の濃い方と薄い方を接着する。
024

4.期限切れフィルムのパトローネの上部を回転させる。
025

フィルムが巻き取られているのを確認したら(テープが見えなくなるくらいまで)、暗袋に入れて残りを全て巻き取る。
暗袋がなければ、部屋を暗くして布団の中などで巻き取ります。月明かり程度でも、光カブリを起こすので、とにかく真っ暗の中で、手が吊りそうになるのを堪えて、抵抗がかかるまで巻き取りましょう。
これで、元になるフィルムが、期限切れのフィルムに巻き取られた状態になります。

5.暗袋から出し、元になるフィルムの根元を3cmほど残してハサミでカットする。
026

6.フィルムをカメラに装着出来るように、ベロを作る。形は適当で可。
027

撮影したフィルムは、一般の現像所では処理してくれないことがあるので、トイラボさんに送りましょう。その際、注文の備考欄に自作したフィルムということを書いて、フィルムのパトローネには「レッドスケール」など、書いておきましょう。ネガフィルムで制作するので注文の際もネガ現像になります。
028

また、僕のネットショップ(http://amaki15shop.biz/)で「nostalgie red」という名称で自作したものを販売しています。こちらはパトローネにオリジナルのシールを貼り付けています。制作が難しい、面倒くさいって方はぜひお買い求め下さい。トイラボさんでの注文時にはフィルムのメーカー名で「雨樹一期」を選択して下さい。
029

自作レッドスケールは、元になるフィルムによって若干ですが色味も異なります。
また、ネガではなくリバーサルフィルムでも同様の効果が得られます。クロスプロセスすると、少しですが違った色味にもなります。どれも赤やオレンジがベースではありますが、実験してみるのも面白いですよ。フィルム別の色味の違いは、また次回のコラムでご紹介致します。


■ プロ・トイカメラマン雨樹一期オフィシャルサイト
http://www.amaki15.com/

■ トイカメラ日和
http://amaki15.blog90.fc2.com/

■ ネットショップ
http://amaki15shop.biz/

■ 猫レシピ
http://cat.amaki15.com

■Twitter
http://twitter.com/amaki15

■Facebook pages
http://www.facebook.com/amaki15

雨樹 一期(あまき いちご)
1977年生まれ。大阪出身のプロ・トイカメラマン。観覧車写真家。トイカメラならではの色彩と、淡く鮮明な表現を自在に操り、写真を通してどこか懐かしくポエティックな視覚世界を表現する写真作家。東京ドーム『SPA LaQua』にて環境映像作品「心の観覧車」の上映。WEBや雑誌にてトイカメラコラムの連載。携帯のきせかえツール、スマートフォンのきせかえカレンダーへのコンテンツ提供。電子書籍の出版。東京、大阪、パリで写真展の開催。トイカメラ講師など、幅広い活動を展開中。書籍に「しあわせの観覧車」「一期一会」など。

「トイカメラの教科書」に掲載されているすべての画像・文章は著者の雨樹一期様が所有しています、許可無く無断で複製・配布することはご遠慮下さい。


カテゴリー: トイカメラの教科書 タグ: , パーマリンク